岐阜県ローカルルール【4時禁】 ブラック校則といわれるルールとは?






岐阜県内の一部小中学校でのみ運用されているという『4時禁』とはどんなルールなのか?

4時禁とは先生たちの研修などで学校が早く終わって帰宅したとしても午後4時までは絶対に外出してはいけないというローカルルールのことだ

一部の保護者や生徒からは不評をかっているこのルールは実は30年前から存在する

今では4時禁の意義が議論されているが、そもそもどういった経緯で定められたルールだったのだろうか?

もし4時禁ルールを破ってしまった場合はどんなことになるのだろうか?

家庭訪問週間であったりテスト週間、もしくは教員の研修などで昼で授業が終わるということは年に数回はある

しかし岐阜県ではいかなる理由で授業が終わったとしても外出禁止である

もし外出しているのを先生に見つかったら、すぐさま帰宅命令が下され、翌日には反省文提出が義務付けられる

いまでは一部保護者からは時代にそぐわないということで廃止を求める声も出てきている

しかし学校側の言い分としては、一般的に4時ごろまでは学校がある時間帯であるので、生徒の安全を守るためには外で遊ばせるわけにはいかないという

この不思議なルールは岐阜県独自のものであるので、この先は廃止に向かっていくとは感じています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。