牛乳パックの内容量を計算してみると1Lではない?!計算上は‥






一般的な牛乳パックのサイズは

牛乳パックを思い浮かべてください。

一般的な牛乳パックの大きさは底面が7センチ四方、高さが19.5センチ。

それに三角形の注ぎ口が上に載っている。

内容量を計算してみると‥

7cm × 7cm × 19.5cm = 955.5ml

1L は1000mlなのでわずかに足りないのがわかる。

実際に注いでみた

中の牛乳をコップに注いで何リットル入っているか測ってみたら、なんとピッタリ1リットル入っているのがわかった!

不足分の45mlは一体どこに入っていたのか?

上部の三角部分に入っているのか?

もしくは圧縮してパックに詰め込まれているのか?

45mlの牛乳の謎

不足分の牛乳はどこに入っていたのかというと、一般的な牛乳パックは紙製品であるというのが大きなヒントです。

答えは『紙パックなので、中に注ぎ込んだときに膨らんでいる。』ということです。

瓶やプラスチックの容器ではないというのがミソなんですね。

この話題の元は

この話題はある小学校の算数の授業で、子どもたちが牛乳パックの内容量を計算するという問題から話題になったものです。

とあるクラスの問題がSNSやTVのニュース番組にも取り上げられるなんて凄いですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。