突然の学校休校 明日で突然小学校生活が終わりを迎える6年生 名古屋市では卒業式も中止へ






2月27日(木)の夕方に突然の大ニュースが飛び込んできた。

安倍総理が新型コロナウイルス感染防止対策として全国の小・中・高等学校の3月2日から春休み明けまでの休校を要請をした。

要請とはいえ実質的に強制力をもつ政府自民党からの鶴の一声。

6年生にとっては突然明日1日で小学校生活がおわる・・・

まさかこんな事が起きるなんて夢にも思わなかったはず。

突然の休校要請

わたしがPTA会長をつとめる小学校では教育委員会からの要請で卒業式の時間短縮や体育館での全校集会の禁止などが事前に要請されていた。

PTAとしても年度末に予定されていた委員会や次年度クラス委員選出の説明会などを中止にしたりと慌ただしくなっていた。

そんな中、突然の休校要請。

しかも2週間ではなく、春休み明けまでの超長期間の休校。

明日1日学校に行ったら、そのまま進級や卒業となってしまう。ある学校ではインフルエンザで学級閉鎖期間中に休校が決まってしまい、そのまま小学校生活が終わってしまうというクラスもあるという。

北海道で新型コロナウイルスが蔓延している中、鈴木知事が早々と小中学校の2週間の休校を決めた。

その素早い決断に称賛が集まっていた。

政府もその称賛に乗っかっていこうとしたのだろうか?

しかし鈴木知事の素早い決断である2週間の休校は感染予防に有効だと思われる。一方そのまま卒業してしまう春休み明けまでの休校では称賛よりも非難の声の方が多いように思われる。

卒業式はどうなる?

もちろん地域により違いはある。

名古屋市では早々と卒業式も中止が決定した。

もちろん新型コロナウイルスの感染予防の観点からいけば、体育館に集まって1〜2時間の式典は好ましくないのであろう。

しかし、突然明日1日で学校生活の終わりを迎えた子どもたちに卒業式まで奪ってしまうのはあまりにも酷ではないだろうか。

まだ卒業式の時期までは日にちがある。これから名古屋市との協議が始まるのではないだろうか?

感染予防ももちろん大切なことと理解はしている。しかしそれ以上に子どもたちファーストで物事を考えてあげられないものか?

感染予防対策をとりながら短時間での卒業式に取り組むことは可能ではないだろうか?

卒業式の機会を子どもたちから奪うよりも、もっとほかに感染予防対策があるのではないだろうか?

卒業式の実施へ

卒業式の中止が発表された翌日にさらに二転三転、急遽前日の決定が覆された。もちろん、卒業式開催時点で感染者がいないことという条件付きではあるが。

開催の可能性が大きくなったことで子どもたちにも笑顔が戻った。

前代未聞の休校要請が発表されたばかりで先行き不透明なことばかりではあるが、なんとか子どもたちが笑顔で卒業式を迎えられることを願います。

児童の休校中の受け入れへ

名古屋市は休校期間中の児童の受け入れ方針を発表した。8時45分から14時まで希望する全児童を学校の教室で受け入れることを決めた。

その後は19時までトワイライトスクールで子供たちを預けることができるようになった。

しかし児童のみの登下校はできず、必ず保護者の送り迎えが必要となっている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。