【ついにプリウスが車名別販売台数トップ10から陥落】




日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した7月の車名別新車販売台数速報によるとプリウスが11位とトップ10圏外となった事がわかった。

ベスト3

N-BOX(ホンダ)が1万9668台で2017年9月より続く連続トップとなり軽自動車がトップ3を独占。

スペーシア(スズキ)が前月に引き続き2位、3位には1万1703台を販売したデイズ(ニッサン)がランクインした。

あの新型車は?

躍進が期待される新型ジムニー、新型クラウン、新型カローラスポーツはどうだろうか?

カローラスポーツはカローラとしてまとめてカウントしているのでプリウスの代わりにトップ10へと浮上。

クラウンもジムニーも受注台数は想定の7〜10倍売れている。

生産台数が軌道に乗ってきたら上位にランクインは間違いない。

プリウスの順位は?

プリウスはついにトップ10より陥落してしまった。

もともと登録車と軽自動車のランキングでは台数的には軽自動車がずっと上位を賑わしてきた。

プリウスがトップ10に入り続けていたことが大健闘だ。

これから巻き返しのために特別仕様車の投入や9月の決算セールでのオプションプレゼントなどが期待されるので目が離せない。

7月車名別新車販売台数ランキング

1位:N-BOX(ホンダ) 1万9668台

2位:スペーシア(スズキ) 1万1843台

3位:デイズ(ニッサン) 1万1703台

4位:アクア(トヨタ) 1万1689台

5位:ノート(ニッサン) 1万1256台

6位:ミラ(ダイハツ) 1万1205台

7位:ヴィッツ(トヨタ) 1万1184台

8位:タント(ダイハツ) 1万0708台

9位:ムーヴ(ダイハツ) 1万0196台

10位:カローラ 9986台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。