【トヨタ新型カローラツーリング詳細情報】2019年9月17日、日本発売!ワイドボディ3ナンバーとなって登場。新設定ディスプレイオーディオとは?




新型コンセプト

  • ワイド&ローのカッコよさ
  • 先進的な次世代DCMとディスプレイオーディオ
  • 第2世代トヨタセーフティセンス搭載による優れた安全性

※画像はトヨタ自動車ホームページより引用

新TNGAのメリット

  • 走りの基本性能が向上
  • 低重心な骨格
  • 圧倒的な高剛性ボディ

従来型のカローラフィールダーとは次元の違う走りが期待できる。

新型グレード体系

フルモデルチェンジ前のカローラフィールダーからの大きな違いはエンジン排気量だ。旧型の1.5Lエンジンに比べ新型カローラツーリングは1.8Lエンジンを搭載する。

2リッターガソリンエンジンもラインナップされるという情報もある。ひょっとしたらスポーティーグレードやかつてのGT-Fourのようなラリー仕様が追加されるのかもしれない。

グレード 1.8Lガソリン 1.2Lガソリンターボ 1.8Lハイブリッド 1.8LハイブリッドE-FOUR
WxB ◯iMT
S ×
G-X ×

新型カローラツーリング諸元

新型ツーリング 旧型フィールダー
全長 4,650mm 4,400mm
全幅 1,790mm 1,695mm
全高 1,460mm 1,475mm
最小回転半径 5.0m 4,9m

※海外仕様車諸元

はなこ
横幅が1,790mmだと3ナンバーってこと?
そんなに大きいクルマだと運転できないよ〜
たろう
大丈夫!
最小回転半径を見てごらん
5.0mと前のモデルとほとんど変わらないよ
小回りはちゃんときくよ

全長+250mm全幅+95mmとかなり大型化しているが最小回転半径はほとんど変わっていない。相変わらずの小回りの効く取り回しが可能という事がわかる。

じいじ
そういえば日本向けのモデルだと
専用ナローボディが用意されるようだぞぃ

設定ボディカラー

WxB

WxB設定ボディカラー
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • ブラックマイカ
  • 新色濃色系統追加

S G-X

SグレードG-Xグレード設定ボディカラー
  • ダークブルーマイカメタリック
  • スーパーホワイトⅡ
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • シルバーメタリック
  • ブラックマイカ
  • 鮮やかな新色が2色追加予定

WxB3色、SとG-Xは7色の設定となっている。

インテリアデザインの特徴

  • インパネ周りの薄型化ワイド化による開放感
  • 車格感のあるインテリア
  • 上質感ある内装

WxBの内装色

旧型にもあったオプションの合成皮革ホワイトシートは新型カローラツーリングにも設定される見込みである。通常のクルマだとブラックかグレーの内装が多い中、レクサス車のようにホワイトシートの設定があるのは嬉しいところだ。

新型カローラツーリングの荷室容量

ゴルフバック搭載個数は?

旧型同様にゴルフバックは4セット搭載可能となっている。しかし気になるデータがある。荷室のサイズが旧型より若干ながら狭くなっているというものだ。ボディサイズは拡大しているが荷室容量は減少している模様。

安全装備詳細

第2世代トヨタセーフティセンス

  • プリクラッシュセーフティ
  • レーントレーシングアシスト
  • レーダークルーズコントロール
  • オートマチックハイビーム
  • ロードサインアシスト

カローラスポーツやクラウンでも好評を得ている新世代のトヨタセーフティセンスは走行中に道路標識を読み取りスピードを警告したり進入禁止道路への逆走などを警告してくれる。

旧来のセーフティセンスとの違いは歩行者や自転車への衝突回避にも対応している点である。

対応速度 減速幅
対車両 10km/h〜 ▲50km/h
対歩行者(昼夜) 10〜80km/h ▲40km/h
対自転車(昼) 10〜80km/h ▲40km/h

その他の安全機能

  • インテリジェントクリアランスソナー(ICS・パーキングサポートブレーキ静止物)
  • ブラインドスポットモニター(BSM・リヤクロストラフィックアラート付)
  • リヤクロストラフィックオートブレーキ(RCAB・パーキングサポートブレーキ後方接近車両)
  • ドライブスタートコントロール(DSC)
  • エアバック連動ヘルプネット
  • 7エアバック

ドライブスタートコントロール

高齢ドライバーによるアクセルブレーキ踏み間違いによる事故が多発している。インテリジェントクリアランスソナー(ICS)により事故が起きにくくなってはいるが、事故を起こしてしまった後にパニックになってさらにアクセルを踏み続けたまま前進と後退を間違えて更に大惨事になることがある。

ドライブスタートコントロールという機能は例えば後退時に衝突して慌てたドライバーがアクセルを踏み込んだままシフトレバーを「R」から「D」へ変更した際に、表示で注意を促すとともにエンジン出力を抑える。

この機能によりパニックになってしまったドライバーが落ち着くまでの間の二次災害を防ぐことが可能となっている。

ディスプレイオーディオ(DA)新設定

今回の新型カローラ、新型カローラツーリングから新設定されたのがディスプレイオーディオ(DA)だ。
2006年に発売されたカローラアクシオにも当時としては最先端であったディスプレイとバックカメラを標準装備としたことがあった。その後、後方を映すバックモニターは爆発的に普及をしていった。今回のディスプレイオーディオもバックカメラが標準装備されていて死角をなくし事故を減らすことに貢献している。

ナビゲーション ×
スマホ連携スマートデバイスリンク
スマホ連携iOS
スマホ連携Android
フルセグテレビ
CD・DVD・SD ×
Bluetooth
AM・FMラジオ
USB入力(動画・音楽)

ナビゲーション対応

今回のディスプレイオーディオはナビ機能は付属していない。オプションでスマホ連携をしてアプリからナビ機能をインストールする必要がある。

自動車のナビゲーションの情報よりもGoogleマップなどを頻繁に使う若年層には受けそうな機能だ。

従来のディスプレイ付きナビゲーションは取付が不可能だが、ディスプレイオーディオにT-connectナビ機能のみの後付は可能となるようだ。価格などは未定だがディスプレイは車両に標準装備なのでナビの取り付けも安価に出来そうな感じだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。