名古屋城外堀のヒメボタル






都心部に生息する貴重なホタル

名古屋城外堀のヒメボタルは全国でも珍しい都心のど真ん中に生息するホタルである

通常ホタルというのは綺麗な清流の流れるところに住むものだといわれている

広大な敷地を持つ名古屋城ならではの特徴ではないだろうか

ヒメボタルの観察スポットの目印

ホタルを観察できる時期

毎年5月中旬から6月上旬の2〜3週間が名古屋城外堀のヒメボタルの発生時期だ

時間帯はクルマや人の通りがなくなる夜の23時ごろから朝方の3時ごろにみることができる

見ることができるといってもあたり一面光り輝くというものではなく、草むらの中をじっと観察していると1匹、2匹とボンヤリと光っている感じである

それでも遠くに足を伸ばさなくても名古屋の中心部で見られる蛍は趣きもあり、隠れた人気スポットとなっている

観察スポット

名古屋城の南側を東西に横切る外堀通り沿いの空壕の土手に生息している

ちょうど名古屋高速が上空を通っている通りだ

普段から通勤やプライベートで通っている人も多いだろう

その外堀通りの大津橋と本町橋の間がヒメボタルの生息域となっている

ヒメボタルの生息域

ヒメボタルの発見

ヒメボタルはまだお堀に通称お堀電車と呼ばれる瀬戸電が走っていた1975年に生息が確認された

その頃は全国的にも珍しいお堀の中に堀川駅という駅があった

瀬戸を出発して現在の東大手駅を通って終点である堀川駅へとお堀の底を電車が走っていたという

発見からそろそろ50年が経とうとしているが、名古屋市民の温かい見守り活動によりヒメボタルは今も生息をしている

ヒメボタルの生態

ヒメボタルは清流にすむゲンジボタルとは違い、樹林地や草地にすむ日本固有の陸生ホタルである

幼虫は落ち葉の下などで暮らし、主なエサはカタツムリなどです

オス・メス共に光ることができるが、飛ぶことができるのはオスのみという変わった特徴があります

成虫の寿命は1〜2週間と非常に短いと言われています

ヒメボタルの保護

この貴重なヒメボタルを守るためにも生息場所への立ち入りやゴミのポイ捨てをしないようにしていかなければなりませんね


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。