【アクア2019マイナーチェンジ情報】小型ハイブリッドモデルナンバーワンのアクア。令和最初の改良モデルの登場へ。




2019年アクア改良型発売

大人気コンパクトハイブリッドモデルのアクアが2019年夏真っ盛りの7月1日に改良型を発表する予定だ。

今回の改良では快適装備の充実がメインとなるために外装の大幅な変更はないという。

もし旧モデルの在庫が残っているのであれば値引きなども期待できるのでおススメともいえる。

2019アクアの変更点

今回の改良の主な変更点

  • フロントグリルのシルバー塗装
  • Sグレード以上にコンライト標準設定
  • ボディカラーの入替
  • Sグレードにビジネスパッケージの設定
  • Toyota Safety Senseのバージョンアップ

以上のような変更が予定されている。

新グレードSビジネスパッケージ

法人需要の多いアクアに新たなグレードが追加される。今までLグレードがエントリーモデルとして法人モデルの中心を担ってきていたが、リヤ席にパワーウィンドウが無いなど不満の声もあった。更に昨今の安全サポート車の人気もあり、自動ブレーキパッケージを標準装備化したグレードとなっている。

Sグレードとの主な違い

  • トヨタセーフティセンス標準装備
  • インテリジェントクリアランスソナー標準装備
  • オーディオステアリングスイッチレス
  • 内外装加飾塗装レス
  • ボディカラーはLグレードと同様3色展開(スーパーホワイト2、ブラックマイカ、シルバーメタリック)

以上のような装備となっている。安全機能を充実させているので、法人需要だけでなく高齢ドライバーの需要も取り込みそうな仕様となっている。

イヤーモデル制

トヨタは通常、フルモデルチェンジから2〜3年後にマイナーチェンジを行い次回フルモデルチェンジまでそのまま販売を続けるパターンが多かった。マツダやスバルなどはイヤーモデル制を採用していて改良型を頻繁に出している。

トヨタも最近は改良型を頻繁に発表することが増えてきている。マイナーチェンジとフルモデルチェンジとの間に改良型を出すことが多くなってきている。

フルモデルチェンジ情報

今回の改良のあとにはフルモデルチェンジが控えている。フルモデルチェンジの時期は2019年12月ではないかといわれている。

かつては4〜5年でフルモデルチェンジというサイクルが当たり前だったが、今では7〜10年は同じモデルを販売するのがスタンダードとなってきている。

3ナンバー化も?

アクアといえばプリウスの小型バージョンとして全世界でも販売している。

世界戦略車として北米中心に販売が好調なクルマは1,700mm以下という日本でいう5ナンバー枠という制約を受けることなく大型化していっている。

カローラアクシオやカローラフィールダーも2019年のモデルチェンジで3ナンバー化している。

アクアも2019年のフルモデルチェンジで3ナンバー化する可能性がある。

3ナンバー化のメリットは世界的に見れば台数が稼げるのでコストダウンには繋がる。しかし狭い日本の道路事情を考えるとデメリットの方が大きいのではないだろうか。

3ナンバーとなって失速していったクルマたち

ネッツ店で販売していたist(イスト)は5ナンバーで好調に売れ行きを伸ばしていたがフルモデルチェンジで3ナンバーとなって一気に失速していったクルマの代表ではないか。

他にもイプサムもかつてはノアを凌ぐほどの売れ行きを見せていたが3ナンバーとなってノア・ヴォクシーに差をつけられてしまい、最終的にはモデル廃止となってしまった。

アクアも3ナンバーとなって失速しないことを願うばかりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください