【スマートキーの電池を長持ちさせる裏技】今話題の新たな盗難方法であるリレーアタックへの対策も可能!




スマートキーの普及

今や当たり前となったスマートエントリーシステム。従来のワイヤレスドアロックキーに比べカギを取り出す必要がないので利便性は向上した。

しかし、ボタンを押したときだけ電波を出すワイヤレスドアロックキーと違い、スマートキーは絶えず電波を出し続けているために電池の消耗が激しい。

そのため2年しか使っていないのにスマートキーの電池切れのためにドアが開かなくなったり、エンジンがかからなくなったりする。

スペアキーの電池の寿命

そこでスペアキーの出番だと思い自宅に保管してあるスペアキーを取り出してみたが、いつも使っている鍵と同じようにエンジンがかからないという経験はないだろうか?

一度も使用していないスペアキーだから当然電池切れはあり得ないと思うが、何度試してもドアも開かないし、エンジンもかからない。

スペアキーの電池切れの理由

実は自宅に保管しているスペアキーも絶えず電波を出し続けているので、普段使っているスマートキーと同じように電池を消耗し続ける。

普段使っていないにも関わらず、スマートキーの電池切れの目安は約2年となっている。

同じ時期に電池がなくなり使えなかったらスペアキーの意味がない。

スペアキーの電池を長持ちさせる方法

スペアキーの電池を劇的に長持ちさせるやり方が実は存在する。

しかも最近急増しているリレーアタックというスマートキーの微弱電波を増幅させて自動車を盗む手口を防ぐのにも有効な方法だ。

その方法はとても簡単!

スマートキーの施錠ボタンを押しながら解錠ボタンを2回押すだけ!

そうするとスマートキーが節電モードに入り電波を出すのを止めることができる。

赤いランプが2回素早く点滅してから消える。それが節電モードに入った合図だ。

節電モード

節電モード中はスマートキーエントリーシステムやプッシュスタートシステムが使えない。電波を出していないので当然だが、節電モードからのリセット方法は非常に簡単。何かボタンを押せばそれで元どおりの機能に戻る。

リレーアタックへの対策にもなる

自宅で保管しているスペアキーはすぐにでもこの方法で節電モードにしよう。

電池が切れているといざとなった時、スペアキーとして役に立たない。

しかもリレーアタックは玄関先に置いてあるスペアキーからの微弱電波を受信して増幅し、駐車中の高級車を盗み出す新手口だ。

スペアキーからの電波を遮断すればリレーアタックを防ぐことが可能となる。

レクサス車などの高級車はもちろんのこと、クラウン、プリウス、ランドクルーザーなど盗難に遭いやすい車種は盗難防止策としてイモビライザー付きのスマートキーを標準装備としている。

スマートキーなどの便利機能を逆手に取っての新たな盗難する手口を防ぐためにも節電モードは非常に有効である。

こちらのページでリレーアタック対策をまとめています。ぜひこちらもお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。