ルネサス火災でのハリアー、アルファードなどの納期遅れはどの程度?






2021年3月、茨城県ひたちなか市のルネサスエレクトロニクス那珂工場で起こった火災

自動車の製造部品の根幹に関わる半導体の製造工場で11もの製造ラインが火災に見舞われた

ルネサスの工場で生産する半導体はホコリを極限まで減らしたクリーンルームで作られる

理論的には他のメーカーや他の工場で製造を委託することができるが、品質的にはルネサス那珂工場には敵わない

復旧見通し

工場の火災はもう鎮火している

しかし特殊なクリーンルームの復旧となると一筋縄ではいかない

通常の工場であれば1ヶ月もあれば製造ラインが元通り稼働するのに充分であるが、ここは特殊なクリーンルーム

完全に復旧するには通常の3倍の約3ヶ月かかると見込まれている

過去の教訓

トヨタといえば部品の在庫を持たないカンバン方式が有名だ

かつての東北地方を襲った太平洋沖地震で部品供給網が完全に断たれ数ヶ月の生産ストップという事態に陥ったことも

そういった過去の教訓から現在では部品生産拠点の分散化と一次下請け、二次下請けなどに部品の在庫を1ヶ月分程度持つように指示している

具体的な納期遅れ

時期的に3月決算で各販売店での受注が積み上がっているので、1ヶ月分の在庫などあっという間に尽きてしまうだろう

他の部品メーカーに代替部品の製造を委託してもルネサス並みに生産するのは困難だ

やはり完全復旧するまではほぼ部品の供給がないといっても過言ではない

やはりゴールデンウィーク前に納車できるはずだったクルマの納期がずれ込むのは必至だ

現在納車を楽しみにしている人は購入したディーラーとこまめに連絡を取り合って納期の打ち合わせをしたほうがいいだろう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。