【御朱印巡り・星神社】名古屋市西区小田井、七夕伝説の残る縁結びの神




名古屋市西区の庄内川のほとりに七夕伝説が伝わる星神社がある。御朱印をいただくと短冊もいただける。願いを叶えてくれると評判だ。

星神社

鎮座地

名古屋市西区上小田井1丁目172番地

星神社

御祭神

  • 大己貴命(おおなむちのみこと)
  • 天香香背男神(あめのかがせおのかみ)
  • 牽牛星(けんぎゅうせい)
  • 織女星(しょくじょせい)

由緒

創建は不明だが延喜式神祇巻に尾張國山田郡十九座ノ内十七座目坂庭神社(星神社の前身)との記載があり、平安時代にはすでに星神社は存在していた。

仁和年間(885〜888年)にこの地に住んでいた大江音人の子と孫が星神社で行われている星祭りで祈願して都に戻ることができた。

この祭りは1100年たった現在でも七夕祭りとして行われている。

星神社の七夕伝説

昔、星神社のある小田井村の若者が庄内川の向こうの田幡村の娘と出会い恋に落ちた。

再会を約束した日は大雨のため庄内川が氾濫していた。

それでも若者は庄内川を渡って娘に逢いにいった。

しかし娘のもとへは辿りつけず庄内川の濁流のなかで力尽きてしまった。

悲しみにくれた娘は若者のあとを追うように庄内川に身を投げてしまったのです。

庄内川を天の川にみたてて若者を牽牛星、娘を織女星として天に輝く星としてお互いを見つめ合うという伝説となったのです。

みどころ

1100年前から続く七夕祭りは色とりどりの短冊に願い事を書いて祈願する伝統ある祭り。

縁結びの神が祀られているだけあり、全国から参拝者がきている。

神社内の社務所や駐車場などは大変キレイにしていてとても清々しい気持ちになれる。

鳥居前には高さ18m、幹回り4mの巨大なムクノキがそびえ立つ。

御朱印

いろいろなところで御朱印をいただいているが、ベスト3に入るほどのかっこよさだ。

シンプルでいてカッコいい、素晴らしい御朱印だと思う。

御朱印をいただく際にカラフルな短冊も一緒にいただける。毎年8月に行われる星神社七夕祭りにもって参拝に行こう。

【御朱印巡り・御朱印一覧名古屋市西区編名古屋市北区編名古屋市中村区編】名古屋市北西部の御朱印一覧

駐車場スペース

駐車場も整備されていて10台ほどの自動車が停めることが可能。

遠方から車で訪問しても大丈夫だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。