【御朱印巡り・御朱印一覧名古屋市千種区編名古屋市名東区編名古屋市守山区編】名古屋市東部の御朱印一覧




名古屋市千種区

上野天満宮

名古屋三天神のひとつ。他は桜天神社と山田天満宮。菅原道真公を勧請した神社で三社巡りをすれば学力向上や志望校合格といったご利益を得られるとして合格祈願の学生やご家族の方の参拝が多い。近くの晴明神社と同様、安倍晴明ゆかりの地ということで晴明殿も建立されていて御朱印も用意されている。

上野天満宮

愛知県名古屋市千種区赤坂町4-89

晴明神社

名古屋にもある安倍晴明ゆかりの神社。かつてこの地に安倍晴明の邸宅があり近隣の上野村のマムシ退治をしたという。江戸時代になりマムシに困った村人が祠を建てたところマムシがいなくなったという言い伝えが残っている。

社務所は常駐ではない。火木が13〜16時、土日祝日は10〜16時に御朱印が授与される。

晴明神社

愛知県名古屋市千種区清明山1-6

覚王山日泰寺

どこの宗派にも属さない日本で唯一の超宗派の寺院。お釈迦様の遺骨である真舎利が祀られている。創建当時は10万坪を超える境内があった。現在でも4万坪以上の広さを誇る非常に大きな寺院。ラーマ5世の銅像があり在日タイ人たちが毎日のように参拝に訪れている。

日泰寺

愛知県名古屋市千種区法王町1-1

城山八幡宮

織田信秀の居城であった末森城址に建立された城山八幡宮。戦国武将が大事にしたのが勝ち運。勝負の神様として八幡さまを祀った城山八幡宮では『受験に勝つ』『試合に勝つ』といったことを願って参拝客が訪れる。山田天満宮のよりそい石、高牟神社の恋の水、城山八幡宮の連理木の3つを巡ると恋愛成就に御利益がある『恋の三社めぐり』も常時開催している。

城山八幡宮

愛知県名古屋市千種区城山町2-88

名古屋市名東区

猪子石神明社

2019年の干支は亥年であったので、猪の名がつく猪子石神明社の賑わいは相当なものだった。猪子石神明社には江戸時代に耳の生えた蛇が捕らえられたとの由来がありその蛇を祀った龍耳社が境内社として鎮座している。耳の病気に御利益があるので、KinKi Kidsの堂本さんのファンの方が参拝に訪れる姿を見かける。またすぐ近くには猪子石の地名の由来となった猪の形をした石が祀られている猪子石神社もある。

猪子石神明社

愛知県名古屋市名東区神月町602

名古屋市守山区

生玉稲荷神社

奥の院を持つ歴史が深い神社。天正年間には小幡城の城内守護の役割もあったという。毎年2月11日には厄除け祭が盛大に執り行われる。かつては山の中にあったと想像できるが今では周りが全て宅地化されてしまっている。

生玉稲荷神社

愛知県名古屋市守山区小幡中3-13-44

龍泉寺観音

正式名称は松洞山大行院龍泉寺。空海により熱田神宮八剣のうち三剣を埋納されたため熱田神宮の奥の院とされてきた。軍事的に重要な場所にあったので戦国時代は軍事拠点として龍泉寺城が築かれたりもした。明治39年に放火により焼失した時は焼け跡から慶長大判2枚小判98枚が見つかり、それを基金として再建されたというエピソードを持つ。

愛知県名古屋市守山区竜泉寺1-902

龍泉寺観音

【御朱印巡り・御朱印一覧尾張四観音編】徳川家康により築城された名古屋城を中心とした恵方の観音様として崇拝されてきた四古刹の御朱印

【御朱印巡り・御朱印一覧名古屋市中区編名古屋市東区編】名古屋城周辺及び名古屋市中心部の御朱印一覧

【御朱印巡り・御朱印一覧名古屋市西区編名古屋市北区編名古屋市中村区編】名古屋市北西部の御朱印一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。