【プリウス・プリウスアルファリコール情報】ハイブリッドシステム制御プログラム不適切な為、走行不能の恐れが。2018年10月5日届け出




トヨタ自動車はプリウス、プリウスαの2車種においてハイブリッドシステムの制御プログラムか不適切なため最悪の場合ハイブリッドシステムが停止して走行不能になる恐れがあると、リコールを国土交通省に届け出た。

リコールの内容

ハイブリッドシステムにおいて、異常判定時の制御プログラムが不適切なため、急加速時等の高負荷走行時に昇圧回路の素子が損傷した場合にフェールセーフモードに移行すべきところ、移行できないことがあります。そのため警告灯が点灯し、ハイブリッドシステムが停止して走行不能となるおそれがあります。

※トヨタ自動車リコール報道資料より抜粋

対象車種

  • ZVW30 (平成21年3月〜平成26年2月に生産されたプリウス)
  • ZVW40 (平成23年2月〜平成26年11月に生産されたプリウスアルファ7人乗り)
  • ZVW41 (平成23年2月〜平成26年6月に生産されたプリウスアルファ5人乗り)

リコール対象台数

約124.9万台

再リコールとのこと

平成26年、平成27年にも今回の対象車種にリコールを実施していたが、改善措置に一部不備があったことが判明したため再度リコールが行われるとのことです。

暴走などの恐れは?

昇圧素子が損傷してフェールセーフモードに移行できない場合はハイブリッドシステム自体が停止するため暴走する恐れはないとのこと。

修理受付はいつから?

パワーマネージメントコントロールコンピュータの制御ソフトを書き換える予定だが、2018年10月現在では対策プログラムが完成していないため作業はできないとのこと。

作業できるのは3ヶ月後ぐらいの12月ごろだという。

準備ができた車種から順次ダイレクトメールにて案内が届くとのこと。

現行プリウスは大丈夫か?

現行のプリウスはZVW50系なので、今回のリコール対象はひとつ前の旧型プリウスになる。

なので、コンピュータ自体が違うので今発売しているプリウスは問題ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。