【アクアのドアミラー故障・猛暑の影響でサイドミラーが開閉しない】ミラーの開閉ボタンを押しても動かない日がある?!保証延長のお知らせ




アクアドアミラー故障

アクアのドアミラーを開こうとしたときに動かないことはありませんか?

まるでドアミラーのヒューズが切れたかのように、電動格納機能だけが作動しない。

動かないのでディーラーに持ち込んでみたものの、そういうときに限ってスムーズに格納できてしまうもの。

格納機能の故障の原因

ドアミラーの不具合の原因は猛暑によるミラー内部の部品の膨張によるものである。左ドアミラーだけ動かなくなるクルマもあれば両サイドのミラーが動かないというクルマもある。

なので夏にしか不具合が起きない上に、30度以下の涼しい日には問題なく開閉する。

販売店に持ち込んだときに不具合が再現しないことはよくあることである。

しかし秋になって不具合がおさまったとしても自然と故障が治るわけではない。来年の夏に再び格納機能に支障をきたす。

保証期間は?

通常、ドアミラーの電動格納機能の保証期間は3年もしくは60,000キロのどちらか早い方となっている。

しかし今回のアクアのドアミラーの不具合は製造過程における部品の不具合に起因するものであるので、メーカーにより自主的に保証期間の延長が行われている。

保証期間の延長

本来3年6万キロの一般保証部品であるが、上記で述べたように保証期間が延長している。

アクアのドアミラーの延長保証期間は7年以内であれば走行距離無制限である。

対象の年式

アクアの平成23年式から平成28年式のアクアがこのサイドミラーの電動格納の不具合がでている。

初期の平成23年式はすでに延長した保証期間が終了してしまっている。それ以降の年式のクルマも初年度登録日から丸7年が経過した時点で保証の対象から外れてしまう。

去年の夏に動かなかったという覚えがある方は保証期間内にディーラーに相談したほうがいい。

部品の交換は1時間30分から2時間ほどかかるので、前もっての予約は必須となる。

部品取り寄せの日数

普段であれば2日ほどで部品が取り寄せできるのだが、真夏の暑い時期には一斉に不具合が起き全国的に部品の欠品が続く。猛暑の年には部品の入荷まで2ヶ月かかったこともあるほどだ。

部品の交換が間に合わないときの対処法としては、暑くなりそうな日はミラーを開いたままにしておいた方がいいだろう。

閉じたまま開かなくなってしまっては走行するときに危険となる。

リコール?

これはリコールではないのだろうか?

リコールというのは簡単にいうと事故に直結したり、ケガをする恐れがあるものが対象となる。

今回のサイドミラーの不具合は品質によるものであり、使い方に非常に不便を強いるものであるので、メーカーが自主的に改修をする「サービスキャンペーン」と呼ばれるものになる。

他の対象車種

アクアの他にもシエンタ、カローラアクシオ、カローラフィールダーが同じくサイドミラーの不具合が頻出している。

こちらも同じく保証期間が延長されているので、なるべく早く販売店へと相談をしたほうがいいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。