天皇陛下御即位記念五百円バイカラー・クラッド貨幣の金融機関窓口における“引換え”が、令和元年10月18日(金)から開始




天皇陛下御即位記念貨幣

天皇陛下御即位記念五百円バイカラー・クラッド貨幣の金融機関窓口における引換えが、令和元年10月18日から開始されることとなった。

当日の引き換えは1人二枚に限定されるので早めに引き換えに行こう。

記念硬貨デザイン

表面

裏面

記念硬貨の価格

今回の記念貨幣は500円との等価交換となる。なので、表現は【引換え】となる。コレクターの人ならずとも等価交換ならば、一切損することなく手に入れるチャンスである。

記念貨幣は使用できる?

もちろん記念貨幣といえども造幣局が発行している貨幣なので一般の買い物に使用することもできる。500円硬貨としてスーパーやコンビニでも支払いに使うこともできるが、せっかくの限定記念貨幣なので大事にしまっておこう。

引き換え詳細情報

財務省から令和元年9月20日発表された内容は以下のとおりです。

引き換え概要

天皇陛下御即位記念五百円バイカラー・クラッド貨幣の引換えを開始します

天皇陛下御即位記念貨幣に係る五百円バイカラー・クラッド貨幣の引換えを10月18日(金)に開始します。詳細は以下のとおりです。

1.引換開始日

令和元年10月18日(金)

2.引換取扱機関

銀行(ゆうちょ銀行及び外国銀行在日支店を含む。)、信用金庫、信用組合、労働金庫、農林中央金庫、農業協同組合、信用農業協同組合連合会、漁業協同組合、信用漁業協同組合連合会

各引換取扱機関の引換枚数及び引換開始時刻については、各店舗の店頭に令和元年10月10日(木)から掲示する予定です。

(参考)引換取扱機関は、以下のとおりです。
天皇陛下御即位記念五百円バイカラー・クラッド貨幣の引換取扱機関一覧

3.引換枚数

引換開始日は1人につき、2枚以内とします。

(注)引換開始日の状況により、更に制限される場合があります。また、引換開始日の翌日以降においても、状況により制限される場合があります。

クラッド貨幣とは

異なる種類の金属板をサンドイッチ状に重ね合わせる「クラッド技術」を用いて作られた貨幣のこと。

引換場所

銀行(信託銀行、ゆうちょ銀行及び外国銀行在日支店を含む)、信用金庫、信用組合、労働金庫、農林中央金庫、農業協同組合、信用農業協同組合連合会、漁業協同組合、信用漁業協同組合連合会

銀行、郵便局をはじめ全国のあらゆる金融機関にて交換ができる。

過去の記念硬貨の引き換え状況

ここ数年に発行されたオリンピック関連や天皇陛下御在位記念貨幣などは発行当日の午前中ならば余裕を持って引き換えができた。

しかし午後には在庫切れの銀行や金融機関が出てきていた。(もちろん翌日以降まで在庫の残っていた金融機関もあったが)

念のため早めに引き換えに行った方が無難であろう。

【オリンピック記念硬貨デザインツイッター投票結果発表!風神雷神図屏風・富士山・国立競技場の3案】500円貨幣の図柄を史上初めて投票で選ぶ

【2019オリンピック記念硬貨・2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣第二次発行分は2019年7月24日引換開始】一挙に10種類の記念硬貨!令和元年6月に2020東京記念硬貨引き換えの詳細発表!

【天皇陛下御在位30年記念貨幣引き換え開始・平成31年の刻印の入った500円記念硬貨】数量限定なのでコイン収集が趣味の方は急いで引き換え可能な金融機関へ!

【2020東京オリンピック記念貨幣引き換え開始】ツイッター人気投票で風神雷神500円玉硬貨も発行決定!オリンピック第2弾は2019年7月24日から引き換え開始。第1弾は2018年11月27日から100円記念硬貨が2種類!急いで手に入れよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。