【オリンピック記念硬貨第三次引換開始日は令和2年1月28日!ツイッター投票での人気デザイン風神雷神図屏風・富士山・国立競技場の3案は7月!】500円貨幣の図柄を史上初めて投票で選ぶ






第三次発行分引換日

令和2年1月28日(火)に各金融機関での引換が開始された。

人気の風神雷神のデザインは2020年の7月である。今回はアーチェリー、陸上、カヌーなどが発行される。人気の百円クラッド貨幣なので早めに引き換えにいかないと店頭から在庫がすぐに無くなる。

過去の引換状況

第一次、第二次と発行を重ねるにつれて店頭での在庫がなくなる時間が早くなっている。

第一次発行分は翌日でも在庫のある金融機関が大半だったが、第二次発行分では当日の昼過ぎには大半の金融機関で在庫が底を尽きた。

第三次発行分はそれを上回るペースで引換がすすむだろう。朝イチで並んだ方が無難だろう。

2020東京オリンピックパラリンピック記念貨幣

財務省は2020東京オリンピックパラリンピックを記念した500円硬貨のデザインを3案発表した。財務省の公式ツイッターや郵便はがきなどでその3案の中から気にいったデザインを投票できる。

2019年6月18日から6月24日までの限定で記念硬貨のデザインを史上初めて自分たちの手で投票により選ぶことができる。

デザイン案

デザイン案はA案として『風神雷神図屏風』、B案として『富士山』、C案として『国立競技場』といった日本を代表するものたちをモチーフとして描かれている。

そのなかからツイッターなどで気に入ったデザインを選び、投票結果は2019年7月に公表し人気のあった貨幣の図柄は2020年7月に各金融機関での交換ができるようになる。

結果発表

A案の風神雷神図屏風に決定した。外国人にもわかりやすく人気が出そうなデザインである。

交換?販売?

今回の500円硬貨の金額は500円での等価交換となる。なので両替感覚で気軽に交換してもらいたい。通常だと交換開始日は1人当たり2枚までと限定となることが多い。最近発行された記念硬貨は当日までは交換できないという事例はほとんどなかった 。しかし発行した翌日には交換枚数の制限は無くなり何枚でも交換が可能となる。そうなると転売目的で大量に交換する人がでてくるのであっという間に在庫がなくなる。

風神雷神図屏風A案

A案は外国人に人気の出そうな風神雷神の図柄である。風邪のコマーシャルに出てきそうな神さまのデザインとなっている。これが一番人気の筆頭ではないかと思われる。

富士山B案

日本といえば富士山である。日本を代表する山を図柄に持ってくるというのはある意味、人気が出そうな図柄となっている。

国立競技場C案

日本が誇る技術と日本独自のデザインの粋を習合させたのが国立競技場である。それらの集大成をデザインした図柄となっている。

ツイッター投票

これらを財務省の公式ツイッターか直接ハガキで投票して選ぶことができる。自分の選んだ図柄が500円硬貨として流通するなんて今までなかったことだ。是非ともご自身で選んだ図柄の硬貨を集めてみてはいかがだろうか。

【2019オリンピック記念硬貨・2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣第二次発行分は2019年7月24日引換開始】一挙に10種類の記念硬貨!令和元年6月に2020東京記念硬貨引き換えの詳細発表!

【天皇陛下御在位30年記念貨幣引き換え開始・平成31年の刻印の入った500円記念硬貨】数量限定なのでコイン収集が趣味の方は急いで引き換え可能な金融機関へ!

【2020東京オリンピック記念貨幣第三次発行分令和2年1月28日引き換え開始】ツイッター人気投票で風神雷神500円玉硬貨も発行決定!オリンピック第3弾は2020年1月28日から引き換え開始。第1弾は2018年11月27日から100円記念硬貨が2種類!急いで手に入れよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。