【高速道路で目的のインターチェンジを通り過ぎてしまった場合の対処法】逆走防止策として追加料金が発生しないような方法があった!?




高速道路を走行中に目的のインターチェンジで降りそこねたことはないですか?その場合は次のインターチェンジで一旦降りて再び高速道路に乗りなおすのが普通ですよね?

逆走ゼッタイダメ!

インターチェンジを通り過ぎてしまったからといって高速道路上をバックしたり転回したりしては絶対に駄目です!

そんな時は次のインターチェンジまで行って一旦料金所のETCレーンを通ってお金を払い、再び高速道路に乗りなおすのが普通だと思います。

余分な料金を払わずにすむ方法

もしインターチェンジを通り過ぎてしまったら、まずはそのまま次のインターチェンジまで走行しましょう。

ETC搭載車もETCレーンを通らずに一般の有人の料金所で係員の方に通り過ぎた旨を伝えて指示をもらいましょう。

ナンバーや名前などを聞かれることもあるので素直にお伝えしましょう。

指示に従い一旦料金所をでてからUターンをして有人の料金所から高速道路に乗りなおしましょう。

目的のインターチェンジについたら再び有人の料金所の係員へと乗り過ごして一旦料金所をでたことを伝えましょう。

先ほどのインターチェンジの係員から連絡が来ているので、出発地のインターチェンジから目的地のインターチェンジまでの料金だけで高速道路が利用できます。

余分に走行した料金はかかりません。

しかし、時間は余分にかかります。

ですが、ゼッタイに逆走、Uターンはダメ!

高速道路は一方通行です。

大事故の元なのでルールはゼッタイに守りましょう。

この方法が使えないことも

もちろん、全てのインターチェンジでこの方法が使えるとは限りません。

インターチェンジの構造などでUターンでの乗りなおしができなかったり、降りることしかできないインターチェンジもあったりします。

私も一度だけ目的地のインターチェンジで降りそこねたことがあります。

その時はこの方法を知らなかったので、次のインターチェンジで一旦料金を払って降りて、再び高速道路を走行しひと区間の料金を払って当初の目的地であるインターチェンジまで行ったことがあります。

時間もお金も無駄なことをしたなぁと思った記憶があります。

なるべく高速道路を使うときは集中して降りるインターチェンジを間違えないようにしたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください