【アクア特別仕様車クロスオーバー”Glam”誕生】AQUAサポカーSワイドCrossover”Glam”




3ナンバーワイドボディアクアCrossoverにスマートエントリーシステム、ICS、専用シート表皮などを装備した特別仕様車が追加

主な特別装備

    ダークブラウン合皮+リボン加飾専用シート
    ブラック加飾シフトノブ
    合皮巻助手席インパネオーナメント
    ブラックインテリア(ルーフ、ピラー等)
    スマートエントリーパッケージ
    インテリジェントクリアランスソナー

上記装備か追加されて71,280円(税抜66,000円)のアップとなっている。

この金額はスマートエントリーパッケージ(43,200円)とインテリジェントクリアランスソナー(28,080円)を追加した金額と同じだ。



設定されているボディカラー

  • オリーブマイカメタリック(6T7)特別設定色
  • ホワイトクリスタルシャイン(070)
  • ブラックマイカ(209)
  • スーパーレッドⅤ(3P0)
  • ベージュ(4U0)

グレード名の由来

Glamというのは「魅力的な」という意味の英語。

乗る人を魅力的にみせる特別なボディカラーをまとったアクアという意味。

3ナンバーアクア

初めてみたときは『ん?3ナンバーだ!?』とビックリした。

しかし3ナンバーボディになることで何故か高級感が増してよりスタイリッシュに感じる。

オーバーフェンダー取付により横幅が1,700mmを超えることにより3ナンバー化する。

自動車税は排気量で決まるので3ナンバーになっても従来モデルと変わらない。

お買い得度

やはり今クルマを買うならば安全装備は付いていた方がいい。

そしてスマートエントリーパッケージは必須のオプションだ。

この2つがついていて、更にシートが豪華になるのでこの特別仕様車はお買い得といえる。

下取り価格は?

気になるのは次回に買い替える時の下取り価格だろう。

ベースのアクアクロスオーバーは2,052,000円。

それに71,280円のオプションをつけた車よりもアクアクロスオーバー”グラン”(2,123,280円)を購入した方が次回高く下取りできる。

やはり今アクアを買うなら特別仕様車クロスオーバーグラムを選ぼう。

アクアの他の特別仕様車

アクアには他にも特別仕様車が存在する。

トヨタセーフティセンスとインテリジェントクリアランスソナーといった安全機能を標準装備した特別仕様車だ。

サポカーSにも認定されているアクア S スタイルブラックだ。

安全装備に加え内装をブラックをベースにスタイリッシュにまとめた特別仕様車だ。

トヨタセーフティセンスの進化

アクアの自動ブレーキはもともとトヨタセーフティセンスCが設定されていた。

それがトヨタセーフティセンスに名前が変わった。

以前はプリウスに装備されていたトヨタセーフティセンス「P」とアクアに代表されるトヨタ車全般的に採用されていたトヨタセーフティセンス「C」があった。

大きな違いは歩行者の飛び出しなどに反応するかどうかだ。

それが、2018年から順次改良によって歩行者検知機能が追加されていき名前もトヨタセーフティセンスと後ろにあったアルファベット記号がなくなった。

インテリジェントクリアランスソナーの設定

トヨタセーフティセンスの進化とともにアクアやカローラといったいわゆる大衆車にもアクセルブレーキ踏み間違いを防止するインテリジェントクリアランスソナー(ICS)が採用されるようになった。

価格も安く

以前のトヨタセーフティセンスCは税込54,000円だったが、最新のトヨタセーフティセンスは歩行者検知機能が追加されたのにもかかわらず税込43,200円と10,800円も値下げしている。

インテリジェントクリアランスソナーに至っては28,080円と非常にリーズナブルな価格設定だ。

これは自動車メーカーとして交通事故死傷者数ゼロを目指しているからこそ、安全機能は採算度外視で提供していこうという気概のあらわれではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください