【トヨタ新型RAV4日本発売は2019年4月10日!】金額は260万円!ハイブリッド4WDは380万円!




トヨタは2019年春にアメリカで発売している新型RAV4の日本国内での販売を決めた。

RAV4とは?

1994年にそれまでオフロードカーといえばジープやランドクルーザーに代表される荒地を走破するための車と考えられていたものを『SUV』という概念で発売した4WD車だ。

荒地から市街地にメインのターゲットを変えたことにより、今では駆動方式はFF駆動の2WD車が販売のおよそ8割も占めている。

2019年モデルは何代目?

国内でのモデルは5代目になる。

初代(1994年〜2000年)

3ドア、5ドアが設定されていた。5ナンバー車があった唯一のモデル。キムタクを起用したCMが話題となった。

2代目(2000年〜2005年)

初代に続いて3ドア車の設定があった。海外戦略を重視していた為、ボディはこのモデルから3ナンバー化している。

3代目(2005年〜2016年)

ネッツ店専売モデルとなりエンブレムも「N」マークがつく。このモデルから5ドア車のみとなった。エンジンも2.4Lを搭載するなど大型化していった。北米仕様のロングボディ車をヴァンガードとして後にカローラ店、トヨペット店にて展開。

4代目(2013年〜2018年)

世界戦略車として海外での販売のみ。車名別販売台数で世界第4位の実績を誇る。日本国内への導入を求める声が上がっていたが、導入ならず。

5代目(2019年〜)

ついに国内に復活。2019年春に発売される事がTOYOTAより発表。

4月から5月の発売ではないかと予想されている。

新型RAV4の特長

SUVらしい「力強さ」に「洗練さ」を融合したスタイリング

タフで力強いアクティブさに、都会にもマッチする洗練されたデザイン



SUVにふさわしい走破性と優れた燃費性能

TNGA(Toyota New Global Architecture)に基づく新プラットホームを採用。新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」及び「新型E-Four」をトヨタで初採用。

最新の予防安全システム

第2世代の「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備。

先進のコネクティッドカー

クラウン、カローラスポーツに採用されているトヨタ純正ナビゲーション用のDCM(車載通信機)も標準装備されるだろう。

ナビゲーションの地図更新はもとより、リアルタイムの道路状況により混雑回避や低燃費走行に期待できる。

故障などで警告灯が点灯した場合、メーカーを通じて販売店に故障の詳細な情報が届く仕組みにもなっている。

また災害時の通れた道マップの作成にも大いに役立つ機能である。

試作車は走っている?

そろそろトヨタのお膝元の豊田市の山間部では試作車のテスト走行が佳境を迎えているはずだ。

なので、カモフラージュしたテストカーに遭遇するチャンスも少なからずありそうだ。

RAV4の主要諸元

全長 4,595mm
全幅 1,855mm
全高 1,700mm
ホイールベース 2,690mm

米国仕様

日本国内での販売時期は?

2019年春とトヨタから公式にアナウンスされている。

アメリカではガソリン車を2018年末に、ハイブリッド車を2019年1-3月期に発売すると確定済み。

日本国内では2019年4月発売が決定した。平成最後の新型車になる見込みだ。

日本国内での販売チャネルは?

ネッツ店とカローラ店は確定。

最近のトヨタ車の傾向をみると全チャネルでの販売が濃厚。なのでトヨタ店、トヨペット店でも扱う可能性が高い。

ネッツ店とカローラ店での取り扱いが内定した模様。

ただ、2025年までに全チャネルでの全車種併売化がすすめられているので、近い将来はトヨタ店、トヨペット店での取り扱いもスタートするだろう。

駆動方式は?

ガソリン車、ハイブリッド車ともに4WDの設定はありそうだ。

ガソリン車は新開発の『ダイナミックトルクベクタリングAWD』をハイブリッド車にはこちらも新開発の『新型E-Four』を搭載する。

ダイナミックトルクベクタリングAWDとは?

ガソリン車のダイナミックトルクベクタリングAWDは前後輪の左右駆動力を最適化して悪路走破力を増大させている。

新型E-Fourとは?

ハイブリッド車の新型E-Fourは電気で駆動するリヤのトルクを従来の1.3倍に増加させている。

エンジン排気量の情報

米国仕様は2.5Lハイブリッドエンジンと同じく2.5Lガソリンエンジンのラインナップだ。

欧州仕様は2.5Lハイブリッドエンジンと2.0ガソリンエンジンの組み合わせとなっている。

日本仕様では欧州仕様と同じエンジンラインナップで導入してくるだろう。

新型RAV4の価格予想

4代目RAV4の米国での販売価格が24,660ドルなので、1ドル110円とすると271万円。

新型もエントリーモデルとしては車両本体価格は2,925,818円(消費税8%)と大予想。

発表前の予約段階でも納期が半年を超えると予想される。なので、登録する頃には消費税が10%になってしまう。

自動車の消費税の課税のタイミングはナンバー取得時なので注文した段階で8%でも納期がかかるクルマの場合だと消費税が上がってしまう。

この金額は消費税が10%時になった時に300万円の大台を切った2,980,000円(消費税10%)になる。

クロスオクタゴンという外観テーマ

八角形をモチーフにしたデザインとなっている。ヘッドライトやタイヤハウスなどのデザインに多角形が採用されている。

RAV4以外のSUV情報は?

新型RAV4に続いてコンパクトSUVとラージSUVがでるとの情報もある。

ダイハツからのOEMのラッシュの新型とランドクルーザー70やFJクルーザーの後継モデルではないかと予想されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。