【トヨタに3つのSUVが発売間近?】ひとつは新型RAV4、残りは?




2020年までにトヨタに新型SUVが3車種追加されるかもしれない。

第1弾は新型RAV4

まずは2019年4月発売予定の新型RAV4だ。

2.5Lハイブリッドエンジンを搭載し、足回りは新型E-Fourシステム4WDだ。

価格は300万円前後ではないかと言われている。

第2弾は新型ラッシュ

かつてダイハツキャミのOEMとして存在していた小型SUV。

こちらは2019年冬に発売の予定だ。

ダイハツでも新型ビーゴとして復活するかもしれない。

1.5Lの3気筒エンジンを搭載。SUVの入門モデルとしての位置付けだ。

C-HRよりも安価であり、取り回しもしやすいとなれば免許を取りたての若年層や大きいクルマが苦手な人にも人気が出そうだ。

第3弾は大型本格的SUV

最後に登場するのはRAV4よりも大きなSUVだ。

こちらは詳細はまだまだ謎だらけだが、予想ではFJクルーザーにかわる本格的SUVではないかと思われる。

現在トヨタではランクルがSUVの最高峰として君臨している。

しかし価格的にもかなりの高級車となってしまっている。

なので、本格的なオフロードを走行するのには躊躇してしまう。

そこで新型SUVはオフロードをメインにしたコンセプトのものとなるはずだ。

これまでのSUV

現在のラインナップはC-HR、ハリアー、ハイラックス、ランドクルーザープラド、ランドクルーザーといった感じだ。

往年のオフロードをメインとしたSUVよりもどちらかといえば街乗りメインの高級車といったラインナップだ。

そこに入門モデルの新型ラッシュ、ハリアーよりも若干安く価格設定をした新型RAV4、オフロードを走破する能力の高い新型FJクルーザーを出すことによりあらゆるニーズを網羅できる。

まとめ

2020年の東京オリンピックまでに新型車をデビューさせれば全世界にアピールするにはもってこいだ。

各メーカーとも照準を『2020』に合わせてきているのは確かだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。