【乃木倉庫・名古屋大空襲でも燃えなかった建造物】襖絵などの重要文化財を天守閣から移し替えていたお陰で守られた




名古屋城の建物で空襲で燃えなかったもののひとつ。

乃木倉庫

名古屋城築城当時の物ではなく、明治時代に名古屋鎮台と呼ばれていた陸軍歩兵第6連隊が置かれていた時の火薬庫。

乃木希典将軍がいた頃に作られたのが名前の由来。明治5年(1872)前後に建てられたもので愛知県の登録文化財にもなっている。

本丸御殿などに置かれていた障壁画などはこの乃木倉庫に戦争中に移されていたから戦火を免れた。

リペアリーフ

天守閣や本丸御殿は焼けたが、たまたま乃木倉庫や西南隅櫓は焼けずに済んだので、貴重な障壁画1,047面は後世に残った。それをさらに復元して今回建て直した本丸御殿に展示してあるということです。

過去には内部を公開したこともあるそうなので、またいつか公開してくれると思います。こういう古い建物は意外と耐震性があるのかはわかりませんが、過去の大震災や大災害を乗り越えてきているので見直してみるというのが良いかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。