【ワイパーのゴム交換のサイクル】雨の日に前方の視界を保つために。定期的にワイパーゴムを交換しましょう。どんなタイミングで替えればいいのかな?




ワイパーゴムの寿命

いつ替えればいいのか、交換時期に迷うのがワイパーゴム。

結論から言えば、一年に一度は交換しましょう。

タイミング的には乗用車なら一年点検のとき、一年車検の商用車なら車検ごとに交換するがベストです。

車検時の点検項目でもある

車検のときにワイパーゴムがちぎれていたり、作動時にぬぐいが悪い場合は車検に通らない。

ワイパーゴムが劣化していると、車検に通らない以上に普段の運転にストレスが溜まるので早め早めに交換してしまおう。

交換工賃の目安

ワイパーゴム交換を販売店やカーショップなどに頼むと工賃を含めて3,500〜4,000円程になる。

しかし、ワイパーゴムの部品単体の金額は左右で1,500円程度である。

自分で交換すれば工賃はかからないので、できるならば自分でやってみよう。

慣れれば5分で交換できる。しかしちゃんと取り付けができていないと作動時にフロントガラスを傷つける原因ともなってしまいます。

最初は販売店などのメカニックさんに取付を教えてもらったほうがいいかもしれない。皆さん親切に教えてくれますよ。

ワイパーゴムを変えないと

もしワイパーゴムを交換せずに使い続けたらどうなるのか?

雨の日に視界が悪く事故につながる恐れもある。

またワイパーゴムの劣化がすすめば、ワイパーゴムが千切れたりする。

そうなるとワイパーの金属やプラスチック部分がガラス面に接することとなり、そのまま作動させるとフロントガラスに傷が付くことがある。

そうなってしまえば最悪の場合、交換作業が必要になり10〜15万円の出費となる可能性もある。

たった数千円をケチって十数万円を損するなんてもったいないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。