【知らないと損をするオイル交換の費用と交換時期】




オイル交換は何キロ毎にしてますか?

ディーラーだと5,000キロ毎に交換してくれと言い、ガソリンスタンドだと3,000キロ毎に交換を勧めてくる。

実は7,500キロ走っても問題ないのを知っていましたか?

なぜオイル交換が必要か?

オイル交換をしないとどうなるか知っていますか?

ディーラーに勤めていた時にあった実話です。

新車でカローラを購入して初回車検の時にエンジンからカラカラ音‥!

オドメーターを見るとまだ35,000キロ。エンジンが壊れる距離ではない。フィラーキャップを外すとそこから見えるだけでもオイルが焼き付きゴテゴテになっていました。

そのお客さんは点検に誘致しても『もったいないから』と言って一度も来店されず。

聞くとオイルを一度も替えていないとの事。

消耗部品を定期的に交換していないので当然保証修理も受けられず。

エンジンオーバーホールが必要で見積もりは15万ほど。

しかしなるべくお金をかけたくないとの事で、エンジンオイル添加剤でのフラッシングを3回ほど繰り返しエンジン内部を洗浄してみた。

3万円程かかったがオーバーホールの5分の1ほどの金額である程度、カラカラ音がおさまったのでそれからしばらく乗っていた。


他にも3万キロほどオイル交換をしなかったAZR60G型ノアが同じ症状になり、その時もフラッシングである程度症状は改善された。

本来ならオイル交換さえキチンとしていたら壊れる事はないのですが‥。

クルマに備え付けのメンテナンスノートは一度は目を通して下さいね。色々と整備項目が書いてあり、勉強になることもありますよ。


オイル交換をする本当の距離

皆さんはどれくらい走ったらオイルを換えていますか?

上に書いた通り一般的には3,000〜5,000キロだと思います。

しかし、もう一度よーくメンテナンスノートを読んでください。

そこにはなんと15,000キロ毎に交換としっかりと記載が!(トヨタ)

これならオイル交換の回数を3分の1に減らしても大丈夫じゃないか!

でもその横に『シビアコンディション』の場合は7,500キロ毎もしくは6ヶ月毎に交換と記載してある。

シビアコンディションとは何かと言えば、坂道を全走行距離の30%以上走るとか、1日に2時間ほどアイドリング状態にしているとか書いてある。その中に一度の走行距離が8キロ以内との記載が。

多分、ほとんどの人が当てはまる。

それでも7,500キロもオイル交換しなくてもエンジンが壊れないことを自動車メーカー自らが言っている。

今までの1.5倍も乗れるじゃないか。それならばオイル交換の費用も3分の2に減らせる。

3,000キロや5,000キロでの交換はもちろん悪いことではないですし、早めの交換によってクルマにとってマイナスになる事はありません。

ただ、財布にとってはマイナスですね。

この事を知っておけば、ちょっとだけ得をするかもしれませんね。

そのほかにもオイルの添加剤や水抜き剤など、換えた方がいいけれど、そんなに頻繁にかえなくても‥というものも多いですのでメンテナンスノート(整備手帳)は一度は目を通しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。