大雨で冠水 自動車保険はおりるのか?






突然のゲリラ豪雨でみるみる道路が冠水

あっという間にクルマが水没してしまった

こんな悲しいトラブルが日本全国で起こっている

西日本豪雨のニュースで、大事な愛車が泥だらけになってしまった人たちをみた

大規模な洪水は毎年のようにどこかで起こっている

全国ニュースにならないような局地的な冠水はもっと頻繁に身近で起きている

もしも自分の愛車がゲリラ豪雨の冠水に見舞われたら?

自動車保険で補償されるのか?

まず洪水などによる水没事故は自動車保険でカバーできるのか?

自動車の保険といっても強制保険である自動車賠償責任保険(通称自賠責保険)と任意保険である自動車保険とがある

  • 自賠責保険→いわゆる強制保険。車検時や新車購入時に強制的に加入する保険。主に相手の怪我の治療費の実費や死亡時の損害賠償としての補償範囲
  • 任意保険→毎年更新するタイプの保険で掛け捨て。相手の怪我や死亡に対する補償から自身の怪我の治療費や休業補償、自分の車の損害や積んでいる荷物の損害まであらゆる損害をカバーする保険。

自動車保険のなかにも相手に対する賠償保険と自分の車に対する車両保険がある

洪水や冠水などでの水害被害をカバーするのは自動車保険の中でも車両保険といわれる保険である

車両保険の補償範囲

車両保険も大きく分けて2パターンある

ひとつめはあらゆる損害をカバーする一般車両保険と呼ばれるものだ

保険会社によってはフルカバータイプなどとも呼ばれる

呼び名の通り自動車事故の損害(修理代金)はもちろん、盗難されたときの補償や当て逃げ、いたずら、ガラスの飛石による被害、さらには今回のケースのような水害に至るまで、自身のクルマの損害を広い範囲でカバーしてくれるものだ

特徴として単独事故も補償されるという点が大きい

もうひとつは限定補償タイプと呼ばれるものだ

こちらは自動車事故のうち、相手が確認できる事故のみ担保する保険だ

単独事故や相手が確認できない当て逃げなどは保険が効かないように制限をかけることによって保険料をかなり安くすることにつながっている

ネット保険などで検討していると保険料格差によってどうしてもこちらのタイプを選ぶ人も多くなってきている

しかし安心してください

冠水などの水害被害は限定補償タイプでも保険金が支払われることとなっている

例えば新車から1年以内の自動車が屋根の上まですっぽりと水没してしまったらもう一度新車が買えるくらいの保険金がおりる

しかしなかなか屋根まで水没することはないかもしれない

水没したランクによって支払われる保険金の割合は概ね決まっている

まずいちばん被害が軽いランクは床のフロアカーペットまでの冠水

こちらの場合は一律10万円もしくはフロアカーペットの交換費用

次はシートの座面までの冠水

こちらは車両保険の50%もしくは修理代金の実費分

最後はハンドルの最上端までの冠水

こちらでは車両保険金額の100%もしくは修理代金の実費

もし水害被害にあってしまったら

もしも運悪く冠水被害にあってしまったら

まずは保険会社に連絡をしましょう

そしてスマホで写真を必ず撮っておきましょう

冠水被害は広範囲に拡がることが多くて保険会社のアジャスター(事故車の損害調査員)がすぐにきてくれないことが多い

その間に水没した形跡がなくなってしまうこともある

逆に汚水の場合は臭いが車内に充満したり、湿気が天井にまで伝っていき被害が拡がることもある

水没した自動車の行方は

全損になってしまった時は保険金を支払う代わりにクルマは保険会社に所有権が移り引き上げとなる

全損にならなかった自動車も買い替えた場合は下取りに出すこととなる

しかし水没した車は安く買い叩かれてしまう恐れがある

なのでディーラーへの下取りではなく事故車専門業者などに見積もり依頼をした方が高く買い取ってくれることもあるので、是非とも検討してみよう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。