【2,608,200円からの価格設定!新型RAV4フルモデルチェンジ詳細情報2019年4月10日発売】クロスオクタゴン(八角形)をテーマにワイドなボディで登場!




アメリカで一番売れているトヨタ車として4代目RAV4は成長を続けている。そんなRAV4(ラブフォー)が満を持して5代目へとフルモデルチェンジを果たし日本国内へと再デビューすることが決まった!

新型RAV4

ミディアムSUVクラスへと参入

ここ数年、SUV市場は過去にないほど賑わっている。

ひとくちにSUVといってもハリアーやC-HRのようなシティ派SUVとランドクルーザー、エクストレイルといったオフロード派SUVと二極化している。

新型RAV4はハリアーとは真逆のオフロード派SUVのジャンルとなる。駆動方式をみても4WD中心のラインナップとなっていることからもトヨタの本気度がうかがい知れる。

取扱販売店

日本国内では全車種を全チャネルで取り扱う流れがあったのだが、新型RAV4はカローラ店とネッツ店でのみ取り扱うことが決定した。

発売日は2019年4月となる見込みだ。早ければ2019年2月にも先行予約を受け付ける見込みだ。

新型RAV4グレード体系

 

エンジンは2.0Lガソリンと2.5Lハイブリッドが搭載される。どちらも新型RAV4用に開発された新エンジンとなっている。

両エンジンともX、Gのベースグレードが設定されているが、ガソリングレードのみG”Z package”とAdventureが新グレードとして設定されている。

特筆すべきはハイブリッド車に4WDの設定があるところだ。逆を言えば2WDの設定がベースグレードのXグレードのみというところが初代RAV4を彷彿とさせる。

価格帯情報

新型RAV4の価格の情報は販売店からは発表されていない。海外での価格を考えると300万円台からの発売となるのではないだろうか。

最上級グレードであるG”Zパッケージ”は400万円オーバーとなることは間違いないだろう。

ところが何と260万〜380万円という非常にリーズナブルな価格設定でのデビューとなった!

新型RAV4の内外装の特徴

SUVらしい力強さに洗練さを融合したスタイリング

エクステリアのモチーフは『オクタゴン』(8角形)をベースにしていて、いたるところに多角形が隠されている。まるでディズニーランド内の隠れミッキーを探すかのようだ。

タフさと安定感、たくましさと洗練性を両立したデザインの新型RAV4。よりアクティブで精悍なアクティブギアとしての『アドベンチャー』というオフロード仕様に仕立てられた新グレードも楽しみだ。

本格SUVを想起させるディテールに洗練された上質感を融合

内装に目を移すとアクティブな外観とはうって変わって都会派SUVのムードが漂う仕上がりとなっている。

この辺りがジムニーやエクストレイルといった他メーカーのSUVとの違いではないだろうか。

※画像はトヨタホームページより引用

ボディカラーの設定

グレーメタリック、アティチュードブラックマイカ、センシュアルレッドの3色を中心に8色のボディカラーの設定がある見込みだ。

またアドベンチャーにはツートンカラーの設定もあるというので、詳細がわかり次第お伝えしようと思う。

人気カラーであるホワイトパールはアドベンチャーには選ぶことができないとの情報もあるので、こちらもわかり次第お伝えしようと思います。

トヨタ新採用の駆動方式

ダイナミックトルクベクタリングAWD

ガソリン車であるG”Zパッケージ”とアドベンチャーには新開発の駆動方式が採用されるという。

走行状況に応じて後輪トルクを左右独立で制御をすることが可能な上に、後輪への動力の伝達をカットする事ができるという世界初の新機能だという。これにより燃費向上が期待できる。

新型E-FOUR

ハイブリッド車の4WD機能であるE-FOURも新機能が搭載されるという。モーター制御によるリヤ駆動の出力を大幅に向上させることにより燃費向上と出力向上が期待できる。

新世代Toyota Safety Senseの搭載

アルファード、ヴェルファイアなどに搭載されている第二世代のトヨタセーフティセンスが新型RAV4にも搭載される見込みである。

従来型との大きな違いは夜間の歩行者の検知機能と自転車運転者(昼間)の検知機能が追加された点だ。

またプリクラッシュブレーキの速度低減量が2〜3割アップしている。

交通標識などを読みとるロードサインアシストも標準搭載される見込みとなっている。

その他の搭載機能

最近のトヨタ車の流行りの機能として電動パーキングブレーキがある。こちらの機能もまず搭載されてくるだろう。またデジタルインナーミラーの搭載もグレードによってはあるだろう。

新型RAV4の主な特徴

荷室容量も580Lという大容量を誇る。これは同クラスのSUVの中でもダントツでトップクラスとなるという。

タイヤサイズも235/55R19という大径タイヤを装着してくる。

ボディサイズ

長さ 4,595mm
1,855mm
高さ 1,700mm

コネクテッドカー

マイナーチェンジ後のプリウスにも標準装備されているDCM(車載用専用通信機)。

トヨタ純正ナビゲーションと接続することによってTコネクト機能をフルで活用することが可能となる。

ナビゲーションの自動地図更新やオペレーターとの会話によって走行中でも目的地検索や設定なども3年間無料で利用することができるサービスだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください