【カーコーティングって撥水と親水、どっちがオススメなの?】




車のコーティングには大きく分けて2つの種類がある。水をはじく水玉にして流す撥水性コーティングと水をなじませてダラっと流す親水性コーティングがある。

撥水性コーティング

その名の通り、水をはじくボディコーティング。雨が降るとボンネットの上の水滴がまんまるになって流れていく。

こちらのコーティングの方が見た目が良く人気がある。

しかしデメリットもある。濃色車に施工した時はウォータースポットに注意しなければならない。雨が降りすぐに晴れ間が出てきたような状況では、ボンネットや屋根の上の水滴がそのまま焼き付いてしまいボディに斑点が残ってしまう。

対策としては普段から洗車を心がける事。洗車をあまりしたくないので、高いお金を出してコーティングを施工したという人もいると思います。矛盾している事を言うようですが、ボディについた汚れが水滴をボディ表面に残してしまうのです。

綺麗なボディなら水滴も残らず流れ落ちてしまいウォータースポットになりにくいのです。

親水性コーティング

こちらは撥水性コーティングの反対で水をなじめせてボディからダラっと流すような感じのコーティングです。

なぜ雨をはじかないようにするかと言うと、ウォータースポットを出来にくくするためです。

しかし、撥水性コーティングと比べても施工価格が安いわけではありません。せっかくある程度の金額をだして作業してもらうのに水をはじかないなんてもったいないような。

でも濃色車の塗装面には(特にソリッドのブラック系のボディカラーには)とても優しいコーティングと言えます。

メリット・デメリット

撥水性コーティング

メリット

  • 水をはじいてカッコいい

デメリット

  • 濃色車にはウォータースポットの危険性がある

親水性コーティング

メリット

  • ウォータースポットのできる危険性が少なくボディに優しい

デメリット

  • せっかくコーティングをしたのにカッコよく水をはじくところが見せれない

結論

最後は自分の好みですが、やはり黒系ボディは親水性コーティングで白系ボディは撥水性コーティングという感じに落ち着くかと言えます。

過去にブラックのボディカラーのクルマに乗っていた時にウォータースポット出来まくって凹みましたから‥。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。