【新型プリウス発表・ツートンカラーに幾何学調ルーフフィルムを採用】最近の流行はツートンカラーにあり!




昔のツートンカラーといえば、クラウンやマークIIなどに代表されるバンパーとドア下部がボディとは異なるカラーで塗装されたツートンが多かった。

今はルーフがブラック塗装されているツートンカラーが流行っている。

マイナーチェンジプリウス

主な改良点

  • DCM標準装備(スマホからクルマの状況が確認できる)
  • ツートンカラーのルーフが幾何学調ルーフフィルム
  • トヨタセーフティセンス全グレード標準装備
  • インテリジェントクリアランスソナー全グレードに設定可能
  • Sグレードを含む2WD全グレードにリチウムイオン電池搭載
  • スタイリッシュなフロントマスク
  • 横長基調のテールレンズ

などと、安全面、快適性などを中心として改良が加わるとともにデザインも一新された。

価格差など

1番の売れ筋グレードであるSグレードは86,000円のアップではあるが、なんと装備は下記の装備がつく充実ぶりだ。

  • DCM(専用通信機)
  • トヨタセーフティセンス
  • レーダークルーズコントロール

この3点だけで約14万円相当のオプションである事を考えるとお得さがわかるだろう。

ツートンカラー

マイナーチェンジ前にも特別仕様車でツートンカラーの設定はあったが、今回の新型プリウスではルーフのブラック塗装部分を幾何学調ルーフフィルムを採用している。

ドアミラーとルーフアンテナはブラック塗装となり、他のモノトーンのボディカラーと差別化がより一層できます。

ボディカラーで入れ替わった点は以下の2点である。

旧型 エモーショナルレッド(3T7)

↓↓↓↓

新型 エモーショナルレッドⅡ(3U5)

旧型 ダークブルーマイカメタリック(8W7)

↓↓↓↓

新型 ブルーメタリック(8X7)

カタログメインカラーもブルーメタリックを使い爽やかな印象を前面に押し出している。

LINEマイカーアカウント

ラインを介して愛車と会話ができるLINEマイカーアカウントという機能もトヨタ純正Tコネクトナビを装着すれば3年間無料で使える機能の1つだ。

他にもナビゲーションの地図更新機能が3年間無料であったり、24時間365日専任のオペレーターに情報検索を依頼してTコネクトナビのさまざまなコンテンツを利用することができる。

マイカーセキュリティ

ドアロックやウインドウの閉め忘れを検知したりハザードランプの消し忘れを検知したときにメールやスマホを介してお知らせしてくれる機能である。

今まではレクサス車などの高級車だけのサービスであったが、今ではカローラスポーツやプリウスといった普通のクルマにも装備されるようになった。

ITSコネクト

道路とクルマ、クルマ同士が通信してお互いに『見えない危険』を知らせてくれる。

こちらのオプションを期間限定で無料でつけてくれるキャンペーンを愛知県のディーラーではやっていた。

通常のオプション価格は27,000円かかるがその分を値引きしてくれるキャンペーンだ。

ITSコネクトについてはコチラで詳しくまとめてあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。