【ついに商用車にもハイブリッド化の波が!】ディーゼル車とハイブリッド車、選ぶならどっち?




今冬、ついにトヨタの商用バンであるプロボックス、サクシードにハイブリッドエンジンが搭載される。そうなると次はハイエース、レジアスエースがハイブリッド化されるだろう。

ハイブリッドとディーゼル、それぞれのメリットは?

ハイブリッド車のメリット

やはり燃費の良さに尽きる。

実燃費でリッター20〜30キロほど走るクルマがほとんどだ。

また排気ガスが通常のガソリン車よりもクリーンなのも見逃せない。

モーター走行を多用するので非常に静か。

税制面でも減税対象になっている。

自動車保険もハイブリッド割引が適用される。

ディーゼル車のメリット

ガソリンよりも安価な軽油で走ることにより、燃料費が安くすむ。

ハイブリッド車よりもトルクがあるので重い荷物を積むクルマや車両重量の重いクルマに向いている。

またエンジン自体が丈夫なので長持ちする。

ハイブリッドとディーゼル、それぞれのデメリットは?

ハイブリッド車のデメリット

ハイブリッド車が普及したと言ってもまだまだ車両価格は通常のガソリン車よりも30〜40万円ほど高い。

15万キロほど走行するとバッテリーのセルが調子悪くなり充電不足を起こすことがある。

交換するのに15〜25万円ほどかかってしまう。

ディーゼル車のデメリット

規制がどんどん厳しくなっていきそれに対応するエンジンの価格が右肩上がりで高くなっていっている。

軽油の圧縮が必要な為、エンジン自体を丈夫にする必要がある。

その為、エンジン自体が高額。

ハイブリッド車に比べると振動や音が大きい。

ガス欠を起こすと再始動が面倒。

バッテリーが大型タイプになるので、定期交換するのに費用負担が大きい。

どちらがお得?

結局どっちが得なのだろう?

重い荷物を運ぶことが多ければディーゼル車。

荷物がそれほどなければハイブリッド車。

一般的にはこういう選び方をすることが多い。

ハイエース、レジアスエースの場合は?

重量物を積載する機会が多いかどうかで選んだ方がいい。

それと、購入後何年使うかにもよる。

10年以上乗る場合などはディーゼル車の方が修理代なども安くすむことになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。