【TOYOTAカムリに新グレードWSを追加】CAMRYスポーティーグレード徹底解説




トヨタは8月1日にカムリを一部改良するとともに新グレード「WS」を追加した。

新設定の「WS」は、外観ではフロントバンパー、フロントグリル、サイドマッドガードリヤバンパーなどをスポーツ仕様にし、マフラーカッターを2本出しにしている。

内装に目を向けると合成皮革とファブリックのコンビシート、インパネをテクスチャーメタル調加飾、ステアリングにはスポーツ走行に適したパドルシフトを装備している。

現行のカムリは従来モデルと比べるとかなりスポーティーな外観ではあったが「WS」はよりスポーティーさを強調してきている。まるで北米仕様のカムリの雰囲気を醸し出している。


その他ではXを除く全車にインテリジェントクリアランスソナー(ICS)が標準装備された事だ。

改良前はメーカーオプションのナビゲーションとセットでしかオプション設定がなかったので、装着率がかなり低かった。

Xにも単独でオプション設定ができた事で装着率も上がり、事故の件数もかなり減ることが予想される。

他の安全装置もリヤクロストラフィックオートブレーキとブラインドスポットモニターも以前はICSとともにメーカーオプションナビゲーションとのセットオプションだったものが単独設定できるようになった。

以前のトヨタはより最新の安全装置をつけたければ最上級グレードを買わなければ設定がなかったが、今では最量販グレードでも設定できるようになった。


ボディカラーも流行りのツートンカラーを選択できるようになった。

エスティマ、C-HR、タンクなど色んな車種に設定がある。ついにセダン系にもツートンカラーの波がやってきた。

グレード 価格(消費税込)
WSレザーパッケージ 4,341,600
WS 3,672,000
Gレザーパッケージ 4,228,200
G 3,531,600
X 3,298,320

改良前と価格を比べてみると、G、Gレザーパッケージが32,400円のアップ。Xは4,320円という微増。

実質ICSが標準装備となった分のみのアップであった。最近のクルマメーカーは改良やマイナーチェンジなどのタイミングでかなりの値上げをしてきていたので、今回のカムリはお財布にも優しいクルマといえる。


よりスポーティーになった新型カムリWSを一度は試乗してみてはいかがでしょうか?

全国のトヨペット店、ネッツ店、カローラ店で取り扱っているので、希望するグレードやボディカラーの試乗車も探せばきっと見つかるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください