【カローラスポーツのiMT(6速ミッション)に試乗してみた】エンストしにくいということだが、本当にそうなのか?




2018年8月に発売されたiMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)搭載カローラスポーツ[6MT]は本当にエンストしないのか?

インテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)とは

マニュアル車の”操る楽しさ”を高めるため、マニュアル車の変速・発進操作をアシストする機能。(トヨタ初)

クラッチ操作、シフト操作を検出すると、変速後のエンジン回転数を合わせるよう制御することでスムーズな変速フィーリングをアシスト。(ドライブモードをSPORTモードに切替)

発進時もエンジン出力を最適にトルクアップすることでクラッチのみでの発進操作がよりスムーズになる。

いわゆる初心者でもエンストしにくいのでミッション車に乗りましょうっていうことですね。

早速試乗してみた

試乗したグレードはカローラスポーツ1.2Lガソリンターボ6MTのG”Z”グレードだ。

18インチホイールを履いた最上級グレードである。

今流行りの電動パーキングブレーキが標準装備されている。

いきなりエンスト?!

シートベルトをしていないと電動パーキングブレーキが解除されない仕様となっていた。

シートベルトをしていざ発進!

発進時はアクセルを少し踏まないとエンストしそうだが、走り出してしまえばクラッチ操作だけでギアが切替できる。

これならノロノロ動く渋滞もストレスなく運転できそうだ。

ギアを上げるときなどはエンストしにくくなっているし、回転数が自動で調整されて変速ショックは少ない。

しかしマニュアル車初心者が1番気を使う発進時はエンストはしないわけではない。

アクセルは多少は踏まないとガクガクガクとエンスト寸前の嫌な振動が伝わってくる。

他の機能はどうだろう?

電動パーキングブレーキはミッション車との相性はあまり良くないように感じる。

駐車場内などで少し動かしたい時などでもシートベルトを着用してないとボタン操作で解除しないといけないからだ。

停車時などもシフトレバー手前にある小さなパーキングブレーキのボタンを探さなければならないので、慣れるまでは不便に思える。

まとめ

本格的なスポーツカーというわけではないが、固いセッティングの足まわりや6MTの組み合わせでかなりテンションが上がるクルマに仕上がっている。

トヨタセーフティセンスといった安全ブレーキも全グレード標準装備されている。

安全であり、スポーティーであり。

これからの自動車のあり方を指し示すクルマではないかと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください