安全装備

サブスクリプション

【愛車サブスクリプションKINTO月々定額でトヨタの人気車種に乗れる新サービス】2019年7月1日、遂に自動車にも定額サービスの時代がやってきた!

新しいクルマの持ち方 ついにクルマの世界にも定額サービスの時代が到来。愛車サブスクリプションのキャッチコピーでトヨタ自動車が新サービスを導入! いまからの時代はクルマも定額の時代? KINTO ONE KINTO SEL…

クルマのオプション

【高齢者踏み間違い事故を減らすため後付安全装置発売】販売済みの車への後付システムの対象車種を大幅に拡充へ

後付安全装置の対象車種拡充 トヨタ自動車は2018年12月にプリウス、アクアなど高齢者に人気の車種向けにペダル踏み間違い時に加速を抑制する後付オプションを発売した。 他の車種への設定を要望する声が大きいので2019年中に…

クルマの免許証の更新

【75歳以上安全サポート車限定免許証導入へ】高齢ドライバーのアクセルブレーキ踏み間違い事故が多発!自動ブレーキ付新型車のみ運転できる限定免許証の創設

安全サポート車両とは 各自動車メーカーが事故を減らそうとあらゆる技術を導入している。トヨタではトヨタセーフティセンスという安全ブレーキシステムを採用している。 交通死傷者数ゼロにするのが各自動車メーカーの最終目標である。…

クルマの自動運転

【自動運転技術の実用化によるメリット・デメリット】AI搭載により都心の駐車場不足問題が解決?台北市内では人力ではあるが既に実証済み?

AI自動運転によるメリット 自動運転が実現したら都心における違法駐車が激減すると予測される。自宅から都心の目的地まで自動運転にて送り届けてもらったら、自動運転技術を搭載したAIカーは一旦自宅の駐車場まで戻る。そして都心で…

クルマの安全機能

【踏み間違い加速抑制システムを今乗っているクルマに後付けできるのか?】高齢者によるアクセルブレーキ踏み間違い事故が多発!それを防ぐ新機能について調べてみた。

踏み間違い加速抑制システム 超音波センサーで前後の障害物を検知して、加速抑制 バックでアクセルを踏みすぎた場合、加速抑制 この2つの機能を自動車を買い替えなくても今のクルマに取り付けできるようになりました。ただし対象車種…

クルマの安全機能

【アクセルオーバーライドシステム・高齢ドライバーのアクセルが戻らなかった‥‥に対する安全装備】アクセルが戻らない場合でもブレーキが優先します!プリウスアタックはこの機能が付いていても防げていないか?!

BOS(ブレーキオーバーライドシステム) フロアマットにアクセルペダルが引っかかって、暴走してしまう事故に対処する安全機能としてBOS(ブレーキオーバーライドシステム)がトヨタ車に採用されたのは2010年だ。 ひとことで…

クルマの安全機能

【夜間走行時はハイビームが基本?ロービームは違反になることも?】道路交通法で定められているルールとは?オートマチックハイビームってどんな機能なの?

ハイビーム走行の根拠 道路交通法52条 1 車両等は夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第63条の9第2項において同じ。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火を…

クルマの新型車

【新型プリウス発表・ツートンカラーに幾何学調ルーフフィルムを採用】最近の流行はツートンカラーにあり!

昔のツートンカラーといえば、クラウンやマークIIなどに代表されるバンパーとドア下部がボディとは異なるカラーで塗装されたツートンが多かった。 今はルーフがブラック塗装されているツートンカラーが流行っている。 マイナーチェン…