西北隅櫓

名古屋城

【名古屋城のお堀の謎・お堀の水はなぜ枯れない?薬研堀構造とは?】その理由を江戸時代にお堀に潜って調査した人物こそ森島左兵衛!

名古屋城のお堀 名古屋城のお堀は本丸の北側と西側が水堀、南側と東側が空堀となっているのが特徴。南側には武家屋敷が立ち並び、本町通りを通り熱田神宮まで城下町が続いていた。 北側にある水堀は仮想敵は北から攻めてくると想定して…

名古屋城

【名古屋城の3つの隅櫓の公開】8月4日〜8月15日まで限定!400年前の国宝の内部が同時に見られる!

名古屋城天守閣が観覧中止になってから東南隅櫓、西南隅櫓、西北隅櫓の3つの内部公開が準備されてきた。2018年8月に遂に公開される! 国重要文化財に指定されている3つの櫓(やぐら) 1945年(昭和20年)5月の名古屋大空…

名古屋城

【乃木倉庫・名古屋大空襲でも燃えなかった建造物】襖絵などの重要文化財を天守閣から移し替えていたお陰で守られた

名古屋城の建物で空襲で燃えなかったもののひとつ。 乃木倉庫 名古屋城築城当時の物ではなく、明治時代に名古屋鎮台と呼ばれていた陸軍歩兵第6連隊が置かれていた時の火薬庫。 乃木希典将軍がいた頃に作られたのが名前の由来。明治5…