【やぶ蛇の語源?!】なぜ藪にはヘビがいるのか知っていますか?




やぶ蛇

草刈りをする理由、それはヘビを減らすため。

 

どこかの温泉地でマムシに咬まれたとニュースでやっていた。

草むらにはヘビがいる。これはまぎれもない事実。ならばヘビを駆除しなければ‥。

でもあんな自然いっぱいのところでヘビがゼロになるなんて絶対不可能。ならばヘビの隠れる所を減らす為に草を刈る。

隠れる所を減らせばもっと奥の森の方へ住処を変える。でも石垣や床下なんかに結構隠れてるはず。



できる限りのことはやってそれでもヘビが出るなら仕方ない。

 

ことわざ

やぶ蛇ということわざがある。

余計なことをして、さらに悪い結果になるという意味。

 

藪をつついて蛇が出る

 

要するに藪にはヘビがいるってこと。

 

もう一つ、藪には竹藪って意味があるはず。元々草を刈ることになったキッカケは別荘の裏手にある竹藪の竹から蛇が上からぶら下がってこっちを見ていた。

 

竹の切り口に雨が溜まる

そこにボウフラが湧く

それを狙ってカエルが増える

カエルを狙ってヘビが集まる

 

きっとこんな感じのはず。

なので竹藪の伐採と草刈りは結果的にヘビを減らすことになる。

 

その為に今シーズンも草刈り頑張ります!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。