【自動車の名義変更のやり方簡単ガイド・移転登録】クルマのナンバープレートが変わらない同一管轄内での名変




移転登録

移転登録とはナンバーの変わらない名義変更のこと。同じナンバー管轄内で、自動車の所有者が変更となる場合の手続きです。

コチラでは普通車の名変の書類についてまとめてみました。軽自動車はこの書類よりも非常に簡単となっています。

必要書類

運輸支局などで入手(購入)するもの

  1. OCR申請書(1号様式)
  2. 手数料納付書(入手後、印紙販売窓口にて登録手数料印紙500円分を購入し貼り付ける)

旧所有者(名義変更前の所有者)のもの

  1. 自動車検査証(有効期限内のもの) 車検切れだと名変できません
  2. 譲渡証明書(旧所有者の実印を押印)
  3. 印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)
  4. 委任状(旧所有者の実印を押印。ただし旧所有者本人が手続き申請をする場合であって上記のOCR申請書に実印押印があれば不要)
  5. 車検証記載の住所・氏名などが婚姻、改姓、引越しなどにより印鑑証明書と異なる場合は、その変更のつながりや関連を証明する住民票等、又は登記事項証明書等

新所有者、新使用者のもの

  1. 新所有者の印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)
  2. 委任状(新所有者の実印を押印。ただし新所有者、新使用者本人が手続き申請をする場合であって上記のOCR申請書に実印押印があれば不要)
  3. 新使用者の車庫証明書(警察署発行、40日以内のもの。車庫証明書の手続きについてはコチラ)
  4. 新所有者と新使用者が異なる場合、上記書類に加えて新使用者の住所を証明する住民票、又は登記事項証明書等(3ヶ月以内のもの、写しでも可能)

その他の注意事項

  • リース会社が所有者として登録される車検証(Bタイプ車検証)などは、登録識別情報の記載が必要となる場合があります。
  • 下記の登録の場合などは追加書類が必要となりますので、詳しくは陸運支局内の案内コーナーに問い合わせることをオススメします。
    旧所有者が合併・分割・破産・解散等の場合
    旧所有者死亡の場合
    新旧所有者が未成年の場合
    同一代表法人間や法人代表個人との取引(詳しくはコチラにまとめてあります)
    事業用自動車(緑ナンバー)、レンタカー、大型ダンプカー、その他特別な自動車

必要書類の入手場所

OCR申請書、手数料納付書、譲渡証明書、委任状等の必要書類は陸運事務所の用紙配布コーナーや各陸運支局のホームページから無料で入手することができる。コチラのページからもリンクできます。

陸運支局内での手続きの流れ

用紙配布コーナーで申請書入手

OCR申請書(1号様式)と手数料納付書を入手(無料)

↓↓↓

印紙販売窓口で印紙購入

登録手数料印紙(500円)を購入し、手数料納付書に貼付

↓↓↓

県税事務所にて税申告手続き

県税事務所窓口にて税申告書をもらい、自動車税申告、自動車取得税申告

↓↓↓

書類作成

申請書等の書類に必要項目の記入。行政書士事務所などが入っている代書コーナーもあるので頼めば作成してくれる(有料)

↓↓↓

申請書提出

番号発券機があるところも多い。窓口に番号札のあるところなど陸運支局により違う。

県税事務所にて税申告した控えを付けて必要書類を窓口に提出

審査待ち時間の目安

  • 空いている時は約20分
  • 期末や年末などの繁忙期は2〜3時間かかることも。3月末などは自動車税の課税切り替えのタイミングなので陸運局は大変混雑しています。半日以上かかる場合も!

↓↓↓

車検証交付

番号が呼ばれたり、モニターに番号がでたりなどして車検証ができあがったのを知らせてくれます。

車検証を受け取ったら内容が正しいか確認してから退局しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください