【車検証再交付の方法・車検証を紛失したら再発行が必要】車検が受けれないので必ず再交付しよう




車検にだそうと思ってダッシュボードの中を見たけど車検証が入っていない?!そんな経験はありませんか?

車検を受けるときに必ず必要な車検証

普段はあまり見ることがない車検証。

正式名称は自動車検査証といいます。

2年に一度しかみないって人が大半でしょう。

車検を通すときには必ず必要となります。

再交付に必要な書類

本人が運輸支局に行く場合

  • 申請書(第3号様式)
  • 手数料納付書(手数料印紙300円)
  • 認印

書類と印紙は全て陸運支局で手に入ります。

認印をもっていって書類にナンバーを記入。

再交付の理由を記入しましょう。

『車内に保管中紛失、発見した場合は返納します』

この文言で大丈夫です。

身分証明書として免許証は持っていきましょう。

代理人が行く場合

  • 委任状
  • 理由書

この2点が別途必要です。

委任状は誰が誰に何を委任するという事が記入してあって日付と名前、住所と印鑑があれば大丈夫です。

自動車販売店などにある自動車名義変更や新規登録時に使用する委任状の委任する内容に車検証再交付と記入すればそのまま使えます。

理由書は『車内に保管中に紛失したので再発行を願います。』 と記入してあらば様式は特に問われません。

ただ、車検工場や販売店に頼むと手数料として5,000〜10,000円ほどかかるので、是非ともご自身でいきましょう。

どこでなくすのか?

そもそもなぜ車に入れっぱなしの車検証がなくなるのか?

通常は車検、事故、違反ぐらいしか車検証を見ることがない。

車検が終わった後に修理工場から郵送で送られてきた時の封筒に入れっぱなしという場合が多い。

フロントガラスの中央上部に次回車検の年月が書いてある青い小さな四角いステッカーが貼ってあれば車検証も一緒に送られてきている。

ダッシュボードの中の封筒を探してみよう。

車検証入れに入っていないといって諦めずに探してみるとクルマの中に入っていることもありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

トヨタディーラーで10年営業マンを経験。 その後、現職である保険代理店へと転職。 ディーラーにいたからこそわかるお得な買い方を伝授します! 最近は神社仏閣めぐりに毎週のように出かけ、御朱印集めにはまってます。